デメリットを知る

Pocket

無利息キャッシングを活用するのであれば、メリットだけではなくデメリットも把握しておく必要があります。デメリットを知らないまま利用してしまうと、うまく活用できずに、無駄なお金まで支払うことになるでしょう。無利息キャッシングのデメリットは、無利息期間中に返済できない場合、金利が高くなることが多いという点です。無利息期間を過ぎてしまうと、当然金利がプラスされてしまいます。

遅延損害金しかも返済期限まで過ぎてしまえば、今度は金利だけではなく、遅延損害金まで発生してしまうことになるので、とにかく早く返済することが求められます。初めによく検討をしておき、無利息期間内に確実に返済できることがわかってから利用するようにしましょう。しかも遅延損害金が発生してしまうと、他の消費者金融でも審査に通りにくくなるので、お金を借りるのが難しくなってしまいます。

遅延損害金もなかなか支払わない場合には、法的処置に出てくることもありますし、最悪利用停止になるケースもあるのです。そのため、計画性のない人は、無利息キャッシングをうまく活用するのが難しいと言えるでしょう。逆に計画性のある人であれば、上手に活用することができます。一括返済が難しい場合には、無利息キャッシングは向いていません。

計画を練って活用

Pocket

すぐにお金を借りたいので、消費者金融を利用したいけれど、どう考えても無利息期間内に返済できないという場合には、無利息期間よりも金利の安い業者を利用するべきでしょう。しかし、誰しも無利息というのは魅力的なので、何とかならないかと考えることもあると思います。このような場合、計画を立ててきちんと実行できる人であれば、裏技的な方法が存在しているのです。

節度
画像引用 『NOLOAN:消費者金融の利用

それは自転車操業をやる方法です。自転車操業というのは、簡単に言えば複数の消費者金融を、借金を返済するために使用する方法です。本来であれば絶対に避けるべきなのですが、複数の消費者金融を利用して、無利息期間を延ばすことができます。それは返済期間が迫ってきたら、別の消費者金融でお金を借りて、このお金で返済します。これを繰り返すことで、無利息期間を延ばすことができるのです。

ただし、無限に利用できるというわけではありませんし、基本的には一括返済となってしまうので、せいぜい2つまでの利用にしておくべきでしょう。業者によっては180日間無利息期間が定められている業者もあるので、できれば自転車操業ではなく、無利息期間の長い消費者金融を利用する方が無難です。この方法は頻繁に利用するべきではありません。

消費者金融の活用

Pocket

消費者金融の中には、無利息で利用できるサービスを条件付きで設けていることもよくあるのですが、どのように活用すればよいのかわからない人もいます。そこで簡単に活用方法を解説させていただきますので、参考にしてみてください。無利息サービスの多くは、初回限定になっていることが多いので、頻繁に利用する人には向いていません。1度きりの利用にしたいと考えている人向けだと言えるでしょう。そのため、複数回利用する予定の人は、無利息よりも金利の安い業者を利用するべきです。

無利息キャッシングただし、無利息の条件に回数無制限と記載されていることもあるので、今後何回も利用したいと考えている人でも利用できる業者の1つだと言えるでしょう。この場合には、無利息で利用できる条件に、返済が7日以内などとかなり短く設定されている場合が多いので、給料前に借りるなどの工夫が必要です。そうしないと高い金利で返済しなければいけなくなるので、損をする場合もあるでしょう。このような点も配慮しておかないと、うまく活用することはできません。

まずは無利息になる条件を把握しておき、自分の置かれている状況も的確に判断することが、消費者金融の無利息キャッシングをうまく使うためには必要不可欠です。無利息期間が長く設定されている場合などは、無利息期間内に返済日が来てしまうこともあるので注意しましょう。当サイトでは消費者金融の無利息キャッシングをどのように活用するべきなのかを紹介させていただいています。